• 個人のお客さま
  • 事業者のお客さま
  • いわしんのご案内
  • 店舗・ATMの検索
  • 採用情報
経営サポート

平成24年 第11回 ビジネスコンテスト 奨励賞

すくすくごはん『災害時に子どもの食を守る、非常用離乳食!』

応募者 前田有美・山下莉加・渡辺礼菜 / 静岡産業大学
部門 学生チャレンジ部門
プレゼン資料 ダウンロード(pdf:989KB)

起業または事業化の動機

2011年3月11日、東北地方太平洋沖地震は日本に大きな爪痕を残し、震災より1年8ヵ月が経った今も、防災には大きな関心が寄せられています。特に私達が住む静岡県は、いつ起こるか分からない東海地震に対し、以前から強い危機感を持っていました。震災は今や誰にとっても身近に迫る問題であり、私達は、更なる防災意識の向上を図らなければならないと感じました。
中でも強く感じたのは、震災後の避難生活における非常食の重要性です。しかしそこで、大人には非常食、授乳期の赤ちゃんには粉ミルクなどがある中で、その間に位置する「離乳期」と呼ばれる子ども達が食べられる非常食はあるのだろうか、という疑問を持ちました。実際に調査してみたところ、非常食として販売されている商品のほとんどは大人向けであり、また、市販の離乳食は対象月齢が細かい為、いつ来るか分からない震災に長期で備えることができません。
以上のことから私達は、「災害時でも安心して子どもに与えられる非常食」という、新たな視点での非常食市場を開拓しようと考えました。そして、少しでも多くの人が『子どもの為の防災』という意識を持つきっかけになるよう、この静岡県から発信していきたいと思っています。

ビジネスプラン概要

○「災害時でも安心して子どもに与えられる非常食」の販売

○対象年齢
 生後7ヶ月から1歳半くらい(いわゆる離乳食完了期)に幅広く対応

○製品の概要
・商品名:『すくすくごはん』
・セット価格:1280円
・救援物資に期待できないと言われている3日間を補うために必要な、1日3食分×3日分のセット販売。
・お手拭用のウェットシートと使い捨てスプーン(3食×3日分)、商品や食べ方の説明・プチ防災講座などを記載した簡単な説明書付き。
・見た目も可愛く、食べ終わっても使えるポーチ付き。

○製品の特徴
・そのまま与えれば、1歳半前後の離乳食完了期に対応(柔らかさ、具材の大きさなど)。
 開封前に手などで潰し柔らかくすることで、生後7ヶ月から与えることが出来る。
・器に移す必要がなく食べやすい、マチ幅のあるパウチ
・栄養バランスやアレルギーに配慮したメニュー
・普段も食べられる美味しいメニュー=震災時のストレスを軽減!

○販売戦略
・対象年齢の子どもを持つ家庭、特に主婦をターゲットとする。
・避難所に指定されている施設・託児施設など法人向けのセット販売
・インターネットでの通信販売を基盤に事業を拡大
・磐田市を中心にサンプル配布によるPRを行う

連絡先

〒426-8668 静岡県藤枝市駿河台4丁目1番1号 (静岡産業大学)
TEL:045-645-0191
E-mail:f1036223@ssu.ac.jp