• 個人のお客さま
  • 事業者のお客さま
  • いわしんのご案内
  • 店舗・ATMの検索
  • 採用情報
経営サポート

平成23年 第10回 ビジネスコンテスト 学生特別賞

アイデアポスト

応募者 鈴木 貴久 / 静岡産業大学 経営学部
部門 学生チャレンジ部門
プレゼン資料 ダウンロード(pdf:220KB)

起業または事業化の動機

私がこのビジネスプランを起業または事業化しようとした動機は、企業が供給する商品・サービスが必ずしも消費者の需要と一致していないという点に目をつけ、より多くの消費者が企業に対して意見や不満、アイデアを伝えられるような今までにありそうでなかったサービスを実際に自分の手で作りたいと思ったからです。そこで、急速に普及しているソーシャルメディアやスマートフォンに関連付けたネットワークビジネス、サービスとして提供することで、多くの利用者が見込めないかと考えました。
企業の持つ相談窓口は1人と1社の比較的クローズドなシステムであり、1人が持つ企業への効果は限定的で他の消費者との共有もできません。アイデアポストでは消費者全体と1社というオープンなシステムにすることで誰がどの企業に何を提案しているのか、市場が何を求めているのかを明確化します。それにより企業は次の商品開発に市場全体の生の声を活かせ、消費者にとってもお気に入りの商品が更に自分好みに近づくという企業と消費者互いにメリットのあるサービスを目指しました。
このビジネスプランを組み立てていく段階でこの事業に期待をしてくれている人も多くいましたし、もし事業として成り立つのであれば他人ではなく自分で起業または事業化したいと思っています。失われた20年ともいわれる日本の景気低迷を少なくとも自分たちの世代で終わらせるためにも、これから社会の主役になっていく平成生まれである我々が新しい発想やアイデアを持ち合わせ、積極的に色々なことにチャレンジしていくことが必要だと思っています。私自身もこのビジネスプランを事業化させ、多くの人にチャレンジすることの大切さを教えられるような人間になりたいと思っています。  

ビジネスプラン概要

インターネット上に作ったサイトを利用し、商品を見たり実際に触れたり購入して気付いたことや、感じたことをアイデアとして書き込む。それらのアイデアに対して共感する人、しない人が評価を行う。最低共感数に到達すれば、企業に対して新商品提案及び商品改善のリクエストができ、採用されれば共感者全員が先行販売権及びクーポンを取得することができる。クーポンはこの事業が展開するネットワークストア、指定する店舗でのみ利用可能で、この事業プランにて生まれた新製品を対象として利用できる。
仮にリクエストが不採用となった場合でも、再度リクエストができるため、潜在的な共感者がいる限り、共感数が増え続けることになる。共感者が多いということは消費者全般に求められているという証明であり、逆に共感が少ないということは一部の消費者にしか求められていないという証明でもある。これによって企業は既存の商品・サービスをニーズに合わせて改善、或いは分散でき、新商品開発にも活かされる。これらにより消費者は納得のいく商品・サービスを購入することができるようになり、企業も消費者の要望を受け入れることでイメージアップと、確実性の高い利益が得られる。

連絡先

静岡県磐田市池田159-1
TEL :0538-37-5552
E-mail :k0814051@ssu.ac.jp