• 個人のお客さま
  • 事業者のお客さま
  • いわしんのご案内
  • 店舗・ATMの検索
  • 採用情報
経営サポート

平成20年 第7回 ビジネスコンテスト 奨励賞

大学生による理科実験講座:「みんなのラボ」

応募者 廣岡瞳・田中恵梨香 / 静岡理工科大学
部門 学生チャレンジ部門
プレゼン資料 ダウンロード(pdf:2,375KB)

起業または事業化の動機

私は、暗記系が苦手で科学というものを勉強するのが苦手でした。しかし、高校の時に体験した化学の実験を通し科学がとても好きになりました。実験で起こった現象を理解したく、自主的に勉強をするようになり成績も伸びました。今では、静岡理工科大学に入学し、科学実験工房という実験サークルに所属するほどの科学好きです。
今、私の妹が高校生なのですが、科学が苦手です。聞いてみるとあまり実験はやらず、単語や公式を覚えさるものでした。私が経験したようなことを妹も経験している。そうだとしたら、現在の小・中学校も同じ状況なのかもしれない。そこで、今回のビジネスプランを考えるきっかけになりました。
実験によって科学の現象を知ることができれば、子供達は楽しさを味わい、感動するでしょう。自然と「なぜ?」「どうして?」と思うようになり、勉強も楽しくなり、いま社会で叫ばれている「理系離れ」は解消できるのではないかと思います。
現在、サークル(科学実験工房)で子供達に対して実験講座を行っていますが、実験講座に参加した子供達の反応を見ると、目を輝かせ、「なぜ?」という疑問を私達に投げかけてきます。
私達はその疑問に答え、解決し、子供達に知る・考える喜びを実感してもらい、知的好奇心を呼び起こすことにつながる活動を行うためのしくみを考え、今回提案することとしました。

ビジネスプラン概要

・無料の実験講座を開催する(小中学生対象。なお、実験テーマを限定する)

・有料の実験講座(単発~2、3回)を開催する。
①「みんなのラボ」社が作成したカリキュラムにより、独自で実験講座を開催する。
②依頼者からの相談を受け、新たなカリキュラムを作成し、独自で実験講座を開催する。

・会員制の有料の実験講座を開催する。
①会員登録した小中学生(会費無料)を対象とする。
②実験講座は学校の長期休暇(夏・冬・春)時に開催する。
③会員募集は、実験講座受講者、HP、小中学校を介して行う。
④会員証はできるだけ豪華にし、受講回数によりポイントを付与する。ポイントは科学キット交換できるようにする。

・「実験講座ハンドブック」を作成、販売する。
①実験用のマニュアルとして利用でき、更には読者個人が見て実験できるくらい分かり易いハンドブックを作成する。

連絡先

静岡理工科大学 科学実験工房
袋井市豊沢2200-2
TEL 0538-45-0111