• 個人のお客さま
  • 事業者のお客さま
  • いわしんのご案内
  • 店舗・ATMの検索
  • 採用情報
経営サポート

平成28年 第15回 ビジネスコンテスト 奨励賞

コーデュロイの新しい着方

応募者 渡辺 瑞緒 / 静岡文化芸術大学
部門 C部門/学生チャレンジ部門
プレゼン資料 ダウンロード(pdf:818KB)

起業または事業化の動機

 磐田市福田はコーデュロイ・別珍の国内シェア95%以上を占める産地ですが、工場の数・技術者共に大きく減少しています。また、旧福田商工会(現磐田市商工会)を中心に、福田周辺で作られた生地を「solbreveco(ソルブレベコ)」と名付け、ブランド化を推進しましたが、ブランド名はおろか、コーデュロイという素材そのものの認知度も高いとは言えないのが現状です。
 高い技術力で海外からも評価を受けている福田のコーデュロイを、消費者レベルで広めたい思い、コーデュロイという素材を知ってもらうきっかけ作りとして、コーデュロイの特徴を生かした、今までにないインパクトのある製品を提案したいと考えました。

ビジネスプラン概要


 コーデュロイは畝のある起毛の、保温性に優れた生地です。近年では技術革新が進み、従来のストライプ状の畝だけでなく、幾何学模様が浮かび上がる進化形コーデュロイも作られています。
 コーデュロイの特性と、独特の光沢をもった美しい質感、多様な色・模様を生かした新しい製品として、「コーデュロイを用いた着物」を提案します。

<コーデュロイ×着物>
 コーデュロイと和装という今までになかった組み合わせによりコーデュロイの新たな魅力、可能性を発信したいと考えています。和服は形の定まった衣服です。そのため、生地の特性がそのまま着物の特徴となります。そういった意味でも、着物は福田産のコーデュロイの品質、立体的な幾何学模様が生かされるアイテムであると思います。

<冬の浴衣>
「着物の着付けはできないけど、浴衣なら着られる」という人は多いのではないでしょうか。着物は着るための付属品も多く、着付けも複雑ですが、浴衣は比較的簡単に着ることができます。しかし、浴衣は気軽に着ることができる反面、季節が夏に限られています。季節を選ばず、浴衣のような手軽さで着ることができる和服もあっていいのでは、そういう思いから「冬の浴衣」をコンセプトにコーデュロイの新しい着方を提案します。この手案を通して、和服を着る機会を増やし、和装を日常により近いものにしたいと考えます。

 

連絡先