• 個人のお客さま
  • 事業者のお客さま
  • いわしんのご案内
  • 店舗・ATMの検索
  • 採用情報
重要なお知らせ

【重要】インターネットバンキングの不正利用に関するご注意

インターネットを利用した犯罪が増加しております。その方法はウィルス感染、フィッシングサイトの利用など、巧妙な手口でお客様の口座から不正に預金が引き出されています。

つきましては、改めて以下の点にご留意いただき、いわしんインターネットバンキングをご利用ください。

また、身に覚えのないお取引がございましたら、お取引のある店舗にご連絡ください。

ログイン前に必ずこちらのご確認をお願い致します。

 

1.推測されやすいパスワードのご使用はお控えください

【推測されやすいパスワードの例】

・同一の英数字や連番

・生年月日、自宅の住所地番や電話番号、勤務先の電話番号、自動車のナンバーなど

・パソコンや携帯電話の電子メールアドレス

・その他のインターネットバンキングで使用しているパスワード、キャッシュカードの暗証番号など

 

2.パスワードは定期的に変更してください

第三者による不正使用を防止するため、パスワードは定期的に変更してください。

 

3.目につくところにパスワードをメモしないでください

第三者にパスワードを不正に取得される恐れがあります。

また、ID、パスワード等を記録したファイルをパソコン内に保存しないでください。

 

4.入出金明細は定期的に確認してください

入出金明細は定期的に確認してください。不正使用の早期発見にもつながります。

 

5.インターネットバンキングの利用後は必ずログアウトしてください

インターネットバンキングの利用後、ログアウトしないままパソコンを放置することは、第三者に利用される恐れがあり危険です。インターネットバンキングの利用後は、必ずログアウトしてください。

6.振込限度額を見直してください

インターネットバンキングの1日当たり振込限度額を見直し、お客様に必要な金額を設定してください。万一、不正使用の被害が発生した場合でも、被害金額を抑えることができます。

 

7.基本ソフト(OS)のアップデートも忘れずにしてください

アップデートの自動更新を有効に設定しておくことをお勧めします。常に最新の状態にしておくことが大切です。また、セキュリティのサポートがされなくなった古いパソコンの基本ソフト(OS,例:WindowsXPなど)は使用しないようお願いします。

 

8.不特定多数の人が操作できるパソコンでのいわしんインターネットバンキングの操作は避けてください

図書館やインターネットカフェ等、不特定多数の人が操作できるパソコンでのいわしんインターネットバンキングのご利用は避けてください。

 

9.セキュリティ対策ソフトは最新のものを使用してください

アンチウィルスソフトを導入いただくとともに導入後もウィルス定義ファイルを最新のものにアップデートし定期的にウィルスチェックを行うなど、高いセキュリティ水準を維持してください。

当金庫では、インターネットバンキング専用のウィルスに対応したセキュリティソフト「Rapport(ラポート)※」の使用をおすすめします。 

※「Rapport」は、IBM社が提供する無料セキュリティソフトです。

 

10.心当たりのないメールは開かないでください

心当たりのないメールは開かないでください。添付されているファイルについても同様です。

メールを開いただけで、スパイウェアがインストールされてしまうものもあります。

当金庫では、電子メールを使って暗証番号をご照会することはございません。

 

11.外部から入手したCD-ROMや、インターネットでのソフトのダウンロードにご注意ください

郵送されてきたり、無料で配布されているCD-ROMやインターネットで配布されているソフト、怪しいホームページへのアクセス、ウィニーなどのファイル交換ソフトを経由したファイルなどには、気づかないうちにスパイウェアをインストールするものがありますので、ご注意ください。

 

12.フィッシングサイトにご注意ください

偽のwebサイトに認証情報等を入力するように誘導し、インターネットバンキングサービスにログインするために必要なIDやパスワードを詐取する不正行為(フィッシング詐欺)があります。ID、パスワードを詐取されてしまいますと、お客様になりすまして不正に振込出金が行われる恐れがあります。