• 個人のお客さま
  • 事業者のお客さま
  • いわしんのご案内
  • 店舗・ATMの検索
  • 採用情報
地域密着型金融推進計画

地域密着型金融推進計画策定(平成19年度~平成21年度)

地域密着型金融推進計画(平成19年度~平成21年度)は、平成15年度、16年度を集中改善計画期間としてスタートした「リレーションシップバンキングの機能強化計画」及び平成17年度、18年度を重点強化期間とする「地域密着型金融推進計画」に引き続き、当金庫が地域にとって必要とされる金融機関であり続けるために取組む計画として策定致しました。

当金庫の計画は、推進期間を3ヵ年とし、金融機関としての本来業務に留まらず、地域のお客さまとの更なる関係強化、並びに地域情報ネットワークの活用を軸に創意工夫を持って取組む次の4つの柱を設定しております。

  1. 企業のライフサイクルに応じた取引先支援の一層の強化
  2. 中小企業に適した資金供給手法の徹底
  3. 地域の情報集積を活用した持続可能な地域経済への貢献
  4. 地域密着型金融推進のための態勢整備(信用金庫に求められる事項)

計画では、この柱に沿った目標や課題を設定し、これに対応する取組方針や具体的施策を進めていくこととしております。お客さまにおかれましては、ご面倒でもホームページに添付された「地域密着型金融推進計画(平成19年度~平成21年度)」をご覧いただきたくお願い申し上げます。

当金庫では、信頼され愛される「いわしん」を目指して、この計画を着実に推進してまいる所存でございます。

資料