• 個人のお客さま
  • 事業者のお客さま
  • いわしんのご案内
  • 店舗・ATMの検索
  • 採用情報
インターネットバンキング

ソフトウェアキーボード

いわしんのインターネットバンキングでは、スパイウェアによるキーボードからの入力データ盗難事件を防ぐため、ソフトウェアキーボード機能を利用することができます。
ソフトウェアキーボードを利用してパスワードを入力することで、これまで以上にスパイウェアの被害にあうリスクを軽減することができます。
なお、従来どおりキーボードから入力する方法もご利用いただけます。

ソフトウェアキーボードのセキュリティ仕様

1. キーロガー対策

入力画面を呼び出し、画面上のキーをマウスでクリックすることにより文字入力を可能とするため、パソコンに接続しているキーボードの入力情報を盗み取るタイプのスパイウェアに有効。

2. スクリーンスクラッパー対策

マウスをクリックする際にキーの内容を隠すので、クリック時の画面を画像撮影して入力項目を盗み取るタイプのスパイウェアに有効。

3. マウスロガー対策

キーの配置を毎回ランダムに配置するため、クリックした位置を覚えてキーの配列と照らし合わせて入力結果を盗み取るタイプのスパイウェアに有効。

ソフトウェアキーボードの利用方法

ソフトウェアキーボードを利用するために特別なソフトウェアの導入は必要ありません。
ただし、JavaScriptが動作することが稼動条件となります。
また、従来どおりキーボードからの入力も可能です。

1.ログイン画面の「ソフトウェアキーボード入力」をクリックして呼び出す。

2.別ウィンドウにソフトウェアキーボードが表示される。


①数字入力 … クリックすると数字が入力できます。
②英小文字入力 … クリックすると小文字の英字が入力できます。
③英大文字入力 … クリックすると大文字の英字が入力できます。
④1文字クリア …「1文字クリア」をクリックすると入力した文字を1文字削除します。
⑤全てクリア …「全てクリア」ボタンをクリックすると入力した文字を全て削除します。
⑥ソフトウェアキーボードを閉じる。 … 「閉じる」ボタンをクリックするとソフトウェアキーボードを閉じます。

3.ボタン文字の非表示

マウスカーソルを青線の枠内へ移動させると、ボタンの文字が非表示になる。

4.ボタンのランダム再配置

青線の枠外でクリックをすることでボタンの配置をランダムに変更する事ができる。